切り溝を4ヶ所に入れる事で高耐久性の柱材を実現。

乾燥による 割れや切り溝からの開き(膨張)は、天然木特有の問題でした。4面背割り工法は『自然素材だから仕方がない』とあきらめられていた木材の欠点を克服し、柱材の精度と耐久性を大幅に改善しました。

この 新工法では、従来1カ所だけに深く入れていた切り溝を、12mm〜15mmと浅めに、多面(2面以上)に入れているのが特徴です。

木の収縮作用よって引っ張られる力を多方面へ分散させる事で、長期間の使用を経ても、正方形の形を維持出来る、耐久性の高い柱材を実現しています。


主な特徴


 
Copyright(C)2019 IWASAKI LUMBER Co.,LTD. All Right Reserved.